植毛と発毛のちがいについて

  • 植毛について色々と調べてみる

    • 植毛というものは頭皮に毛を植えつけていく事であり、ナイロンといった合成繊維の毛や自分の毛を植えつける場合もあります。


      合成繊維の場合は毛が抜けた後に繊維の一部が残ってしまう事があり、それが原因で感染症などを引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。



      自分の毛を植える時はまだ残っている部分などから毛を採取し、薄い部分に植えつけるのでコストを抑える事ができたり、その後のケアも必要ありません。



      ただ、植毛にはデメリットもあります。



      自分の毛を薄い部分に植えつけるのは良いのですが、元々生えていない所に植毛をした場合、皮膚にしてみれば異物の混入以外の何ものでもないという判断をしてしまうので、肌が混乱を起こしてしまいます。



      そうなってしまうと植毛した毛だけではなく、その周辺の髪の毛にまで悪影響を及ぼしてしまい、大量に髪の毛を失ってしまいます。



      そういった状態となるのを防ぐため、メンズエステで専門科に頼るというのが一般的ですが、最近ではマイクログラフト法という手段が注目されています。



      これは薄い部分に自分の毛を移植するという点では同じですが、残っている部分から毛根細胞ごと採取して、1本から2本ほどの株に分けてから医療用の針を使って1本1本植毛していくというやり方です。



      生え際の不自然さを消す事ができ、世界中に普及している方法ですが、精密な作業が必要な分、移植に時間がかかったり患者にとって体の負担や費用も大きいので、クリニックを選ぶ際は慎重に行う必要があります。



  • 関連リンク

    • 植毛治療の全体的な流れとしては、最初の治療で、十分なカウンセリングを行って、生活習慣や、患者の希望する髪の毛の量や、悩みや疑問をしっかりと聞いて、治療方針を決めるのですが、植毛は費用が高いので、金額的な説明をして、患者に対して明確な選択肢を提示していきます。ダイレクト法という最新の植毛技術を使った治療をする場合には、毛髪が多くある部分から毛髪を直接根元から吸引して採取します。...

    • 最新の植毛技術はメスを使わないで髪の毛の毛根にある毛包という組織ごと取り出して、気になる部分に植えつける方法が採用されていて、それは自毛植毛技術とよばれています。現在では改良されていて、早くて正確な手術が実現されています。...