植毛と発毛のちがいについて

  • 植毛と発毛のちがいについて

    • 植毛とは一般的に考えられているものは、髪の毛を少ない部分に植えるだけという印象ですが、実際には毛包と呼ばれている髪の毛を作り出す部分を髪の毛が比較的多い後頭部から取り出して、髪の毛の少ない頭頂部などに移植する手術のことをいいます。



      植毛というのは手術なので立派な医療行為です。



      そのためにこの手術のかかる費用は自由診療とされていて、数十万円以上の料金がかかります。



      発毛は、少なくなってきた髪の毛を増やしていくもので、移植などは行わずに薬などを使って、髪の毛を太く健康にしたり、数を増やしたりします。



      発毛を阻害している主な原因としては男性ホルモンの中に含まれている物質が発毛を阻害しているということなので、原因物質の働きを抑制するための薬が処方されます。



      この薬を半年程度のみ続けると太く健康な髪の毛が少しずつ増えてくるので、薄毛が改善して、さらに個人差がありますが、髪の毛が増えることもあるので、これらの効果を期待して薬が処方されます。



      コストは1ヶ月当たり1万円程度ですが、オプションによっては3万円程度にもなります。



      植毛の場合はアフターケアなどを含めると100万円以上の費用が掛かるので、事前のカウンセリングで、発毛にするのか植毛にするのかの選択をしなければなりませんが、年齢が若い場合にはAGAの治療薬が有効なことが多いので、発毛治療を選択することが多く、高齢の患者の場合には比較的資金的な余裕もあることから植毛を選択することが多いとされています。



  • 関連リンク

    • 髪の毛の悩みを解決する方法の一つに植毛があります。最近の植毛は自毛と比べてもほとんど見分けがつかないくらい高品質なものがありますので、選択肢として検討する価値はあると思います。...

    • 植毛治療の全体的な流れとしては、最初の治療で、十分なカウンセリングを行って、生活習慣や、患者の希望する髪の毛の量や、悩みや疑問をしっかりと聞いて、治療方針を決めるのですが、植毛は費用が高いので、金額的な説明をして、患者に対して明確な選択肢を提示していきます。ダイレクト法という最新の植毛技術を使った治療をする場合には、毛髪が多くある部分から毛髪を直接根元から吸引して採取します。...