千夏と熊ちゃん先生 無料

千夏と熊ちゃん先生の無料ネタバレを1話から全話掲載しています。千夏と熊ちゃん先生を全話無料でダウンロードする方法についてリサーチ済なので、あらすじやサンプル画像と一緒に見ていってください。

千夏と熊ちゃん先生の無料ネタバレを1話から全話掲載しています。千夏と熊ちゃん先生を全話無料でダウンロードする方法についてリサーチ済なので、あらすじやサンプル画像と一緒に見ていってください。

千夏と熊ちゃん先生 無料まとめ(エロ漫画)

【千夏と熊ちゃん先生】の無料ネタバレを1話から全話公開しているウェブサイトです。さらに、2話以降も全て無料でダウンロードする方法はないのかリサーチした結果も掲載しています。アマゾネスの人気エロ漫画【千夏と熊ちゃん先生】あらすじやサンプル画像も載っているのでよろしければ参考にしてください。
 

全話無料でダウンロードする方法はある?

【千夏と熊ちゃん先生】を1話から全話無料でダウンロードすることはできるのか調査して分かった結果をまとめています。

・zip、PDF、torrent、rar、rawなどの無料ダウンロード形式
・漫画村、ドロップブックスなど無料漫画サイト

を調べてみましたが、予想通り【千夏と熊ちゃん先生】をDLできそうなファイルは存在します。

特にzip、rar、PDFなどはネットでも今のところ見つけやすいようですね。1巻、2巻と分割されているわけではなく、まとめてダウンロードできそうでした。

ただしポルノ広告が多くウイルスやハッキングなどの危険性が高いページばかりでした。


一方で漫画村が閉鎖されたことをご存知の方も多いと思いますが、無料漫画サイトは規制が厳しくなってきています。

漫画村も含めて【千夏と熊ちゃん先生】を無料で読むことはできないし試し読みもできません。

CPU乗っ取りや1クリック詐欺の被害なども報告されていたようなので、今後漫画村の代わりとなるようなサイトが出てきても使用しない方が良いでしょう。


やはり【千夏と熊ちゃん先生】を読むとしても最初からDMMコミックのような正規の同人サービスを利用するようにしたいですね。
 

千夏と熊ちゃん先生のあらすじとサンプル画像

■基本情報
作者、サークル名:アマゾネス
掲載誌:ナイトコミック
出版社:ナイトコミック
ジャンル:フルカラー 水着・スク水、女子校生・JK、巨乳・爆乳、スポーツ、オトナ青年

千夏は水泳部のエースとして活躍しているだけではなく、明るく元気な性格から部活の中でも1番の人気者だ。一方で水泳部の顧問である熊五郎は、体格も大柄で顔もいかつく、まるで熊のような見た目から生徒たちにも怖がられている存在だ。そんな千夏と熊五郎は不釣り合いのように見えるが実は…。健康的で少しイヤらしい体をした発達途中の18歳の女子高生と野獣のような男教師の秘密の関係。
 

千夏と熊ちゃん先生 無料サンプル画像

【千夏と熊ちゃん先生】はDMMコミックでは試し読みこそありませんが、以下のサンプル画像を見ることができます。








 

千夏と熊ちゃん先生 1話の無料ネタバレ

第1話「もう…我慢出来ん!」熊ちゃん先生のイライラの原因は…?の無料ネタバレとなります。


位置について、、よーい、、、、ピイッ!!!


バシャバシャ…!

バシャバシャ……!



タンッ!!!



「タイムっ!!!」


25秒12です!



宮崎先輩すごーい!また新記録ですか!



「ま、あたし天才ですから」


また始まったよ(笑)千夏完全に調子乗ってんな(笑)


この生意気白ギャルめ…一回シメる?(笑)



こらぁっ!!



「練習中に何騒いでんだお前らぁ!」


プールサイドではしゃぐ部員たちを顧問の水波熊五郎が怒鳴りつける。


「お前らなぁ…練習中に気を抜くな!最近たるんでるぞ!」


熊五郎のイライラは止まらない!しかし目線は競泳水着ごしにも強調されるほどの千夏の豊満な胸へと向けられている。



「今からクロール100本だ!!!」




(練習後の女子更衣室)


ったく何あれ?あそこまで怒らなくてもいいじゃんね。

私あの人嫌い!毛深いし声大きくて怖いし!



「こーら1年」

「あの先生ちょっと厳しいけど、優秀なんだよ?あたしらを地区大会優勝させてるんだから」


でも、、怖いよね…



「……。」




ガチャッ!!!



千夏!


先生が部活のことでちょっとってさ…





「宮崎です。」


千夏は進路指導室の扉をノックする。




ガラっ!!


扉が開き熊五郎が現れる。


「おう」


「先生、何の話ですか?」


「…部活の件だ…」




千夏は教室の中に入ると自ら部屋の鍵まで閉めるのだった。



「はぁーあ!」


「クマちゃん!」


「あんな大声出しちゃダメじゃん!」

「一年生みんなドン引きしてたよ!」



「うっせぇーな」


「それに、みんなの前であたしのおっぱい見てちゃダメだって言ったでしょ?ヤバい人だと思われちゃうよ!」



「ったく最近なんか変だよね?イライラしてるしエッチだし、どうしちゃったの?」


制服姿で脚を組み替えながら千夏は話す。イヤらしい太ももと見えそうな下着がさらに熊五郎を刺激する。



「バッ…バッカじゃねーのか!!!」

熊五郎は机を叩きながら声を荒げる。



「イライラしてる?エッチになった?そんなん当たり前だろうが!!」


「大体お前!乳とかケツとかデカくなりすぎなんだよ!」




「もう…我慢の限界なんだよ」


「これまではプラトニックに行こうって、それで俺たちは1年付き合ってきたわけだが…」


「もうムリだ…俺は毎日お前の水着姿を見せられて我慢できん」



「卒業まで我慢しよ?ここまで頑張ってきたじゃん。」



イライラ…!




「ヤラセろ!!我慢できん!」

「セックスさせろ!俺に好きにヤラセろ!」


欲望のままに叫ぶ熊五郎の大きな声は、下校中のほかの生徒にも聞こえてしまいそうだ。




「あーもうわかったわかった!」


ついに千夏の方が折れるのだった。



その夜、車を走らせる熊五郎。助手席には千夏が乗っている。



「どこでするの?」


「俺のアパートだ…」


車は熊五郎の家へと向かっていく…。

 

千夏と熊ちゃん先生 無料 © 2018